肝っ玉母さん

今日は熱帯魚ネタを。

私は趣味で熱帯魚(淡水魚)を飼育しています。

熱帯魚っていうと、小型魚だとグッピー、ベタ、エンゼルフィッシュ、大型魚だと
アロワナや肺魚てのがメジャーですかね。まあそんな感じの魚の飼育です。

で、2年ほど前から飼育し始めて今はタンクが2つあります。
そのうちの一つ(30cm水槽)に入っている魚は以下の子たちなのですが、このタンクで
小さな事件が発生しています。

トランスルーセント・グラスキャット 4匹
アフリカン・ランプアイ 20匹
国産グッピー・ブルーグラス 10匹?

事件を巻き起こしているのはグッピーちゃんです。

グッピーは二ヶ月ほど前からつがいで二匹飼い始めたのですが、国産モノということで
水が合ったのか一週間ほどたった頃第一子が誕生。卵胎生のメダカなので生まれる
前に卵が見られるわけでもなく、ある日気が付くと小さな魚が2~3匹、泳いでいる
感じです。かわいいな~と思ったのもつかの間、さらに10日ほど後水槽を覗くとまた
子供が増えていました。

 以後、ほぼ10日間隔でそのサイクルが繰り返された結果、ほんの二ヶ月の間に
グッピーだけで10数匹いると思われる環境となりました(小さいので正確な数が把握
できない)しかもまだグッピーぱぱとままはその手を緩めそうにもありません。
あと一ヶ月ほどで20匹いるランプアイの数を超えそうです(汗)

 またこの子供たちもあと二ヶ月足らずで繁殖可能な成体となりそうです。やっぱり
この子たちも子供産むんでしょうね?これが有名なねずみ算というやつですか?

 考えると今から頭がかなり痛いです。orz

 もうちょっとおこちゃま達が大きくなったら真剣に里親探さないと。。。

 余談ですが、ぐっぴーままの方は家に来たすぐの頃の清楚な姿はどこへやら、
今では体もきた時の倍近くになり貫禄出てきてます。かなりの肝っ玉母さんぷりです。
笑うのが逆にぐっぴーぱぱは来たすぐの雄大さは影を潜め、ひれもところどころ
かけて全て吸い取られてる感じです。

 魚の家庭も人間とよく似たもんなんだな。がんばれぐっぴーぱぱ!

 いや、あんまりがんばられても困るけど(^^;

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

シゲ
2005年06月04日 01:15
私の高校時代からの友人を思いだして笑えますw
子どもが生まれてから、すっかり奥さんと力関係が逆転し、
遊んでいる最中に奥さんから電話がかかってくると「すみません」ばかり言っていますw
奥さんに内緒で私とツーリングに行った後は、1週間ほど車の中で寝ていました(家に入れてもらえなかった)。
ステップWGNだったから良かったけど、サニトラだったら死んでますよ。マジで。
昨年末に2人目が生まれてからは会っていません。
グッピーパパみたいになっていないといいのですが・・・。
K人
2005年06月04日 19:01
>>シゲさん
どの世界でも母は強いっすね。

しかし、一週間家に入れてもらえないなんて漫画の世界みたいな人がホントにいるとは(^^;

この記事へのトラックバック