タイヤがすべる

最近、バイクに乗れないのでライテクに関することをよく考えています。

その中で自分自身効率よく使いたいのとみんなに視点を変えてみてもらいたいテクニックについて今日はちょっと書いてみようかと。

それは「ドリフト(ブレーキングスライド)」

このドリフトについてよく論ぜられるのが、速く走るために本当に必要なのか?ということ。

ここでいきなり結論ですが自分はドリフトは「速く走るために使える」と思っています。

確かにドリフトを普通に使っていると車体の向きは変わるけどそれまでにリアタイヤのスライドによって必要以上に車速が落ちてしまい結果的にコーナリングが遅くなる場合がほとんどです。不整地のフロントブレーキの使えない場所であれば車速を落とすために有効ですが、アスファルトではフロントが十分に使えるのでそれもほぼ意味を成さないように思えます。

でも、考え方を変えるとこういう風に考えることはできませんか?

アスファルトで限界のブレーキングをする。その時フロントフォークは沈みきりフロントは滑り始めフロントからのスリップダウンの危険性が高くなります。で、ここでですよ、リアをスライドさせることでフロントのブレーキの力を少し抜いても同じだけの減速力を得ることができるんです。しかも、ブレーキングでの転倒のリスクがフロントを限界まで使わないことでかなり減ります。実際私はドリフトさせてこけたことはないです。これでフロントを限界まで使わなくても同じだけの減速ができるならめっけもんです。
次に減速のしすぎですが、これはドリフトを向きを変えるまで続けなければいいんです。あくまで減速の手段として使う。本格的に向きかえるときはグリップ走法と同じようなナチュラルな車勢へ持っていく。そのため私のドリフトは逆ハンをほとんど切りません、逆ハンを大きく切ってしまうとクリップにつくまで元の車勢に戻せなくなってしまいがちになり車速度が落ちてしまうことが多くなります。
ちなみに私の場合ビーチGPでも1コーナーのみですがドリフト使っても使わなくてもタイムに影響はほとんどないようです。具体的な数値はないのですが、それはちゃんと憶えてないから(^^;

ドリフトの有効性はサスストロークの長いオフ車ベースのモタードに限ったことではないです。セパハンのロード車でも同じです。昨今のMotoGPでもN・ヘイデンなんかは勢い付きだすと今でもよく使ってます。これは速く走るのと転倒へのリスクの折り合いを彼なりに付けたらああなったということだと思います。ただし、あれほどのレベルの高い&長丁場のレースではタイヤマネージメントも勝つための重要なファクターとなりますからリアタイヤのグリップを消耗するドリフトはレースで勝つために使うのはとても難しいのですが。。。話は変ってしまいますが、その辺ロッシは本当にすばらしいですね。全てのテクニックを持っていてそれを場所場所で有効に使える。ロッシが80年代にいたらもっとおもしろかっただろうに。

あ、私がこう書いたからってドリフト使ったらレースに負けたなんて苦情は受付けませんのであしからず。w

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック